バターは太る?太らない?医者が教える正しい回答はコレ!

ダイエット

2018年11月2日放送のTBS系【金スマ】で、脂肪やバターは太らないという衝撃的な事実を『医者が教える食事術 最強の教科書』の著者「牧田善二」医師が教えてくれました。

しかし、バターはカロリーが高くて太りやすいという印象しかないですよね?

いったいどのような理由から、バターは太らないと言えるのでしょうか?

今回は、その理由をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

バターは太らないって本当??

『医者が教える食事術 最強の教科書』の著者「牧田善二」医師によると、太る原因はカロリーではなく”糖質”ということ。

ようするに、カロリーが高い食品を食べると太るという認識は間違っているということになります。

しかし、摂取しすぎた脂肪は「皮下脂肪」や「内臓脂肪」に蓄積して、肥満体型になってしまいそうですよね?

じつは、この点も安心できる理由があるんです。

その理由とは?

 

脂肪を摂りすぎても安心な理由

日本人の平均的な食事では、脂肪を摂取しすぎることはありません。

それどころか、もっと積極的に摂取したほうがいいくらいなんです。

なぜならば、脂肪は体内に吸収されにくい栄養素だからです。

しかも、摂取しすぎた脂肪は、便として体外に排出されてしまうので「皮下脂肪」や「内臓脂肪」などに蓄積されることはありません。

すなわち、バターをたくさん摂取しても太ることはないということです。

それでは、肥満体型になる原因はどこにあるのでしょうか?

 

肥満体型になる大きな原因とは?

肥満体型になる理由は、

  • 白米
  • 麺類
  • 食パン
  • 砂糖
  • 果物

など、糖質の摂りすぎが主な原因なのです。

脂肪は摂取しすぎると、体外に便として排出されると前述しました。

しかし、糖質は体外に排出されることなく、100%吸収されてしまうのです。

つまり、エネルギーとして使用しきれなかった糖質は、中性脂肪として蓄えられてしまうのです。

ようするに、この糖質が肥満体型になる最大の原因ということになります。

 

まとめ

バターや肉の脂身などの脂肪は、太らないという事実をご紹介しました。

しかし、炭水化物などの糖質は、肥満体型の大きな原因になります。

つまり、太らないようにするには、糖質の摂取量に気を付けることが最大のポイントということですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました